渡来人歴史館のめざすもの
− 正確で客観的な東アジア関係史の学習を −


 日本人や日本文化は、独自に形成されたのではありません。中国大陸や朝鮮半島からの人の移動によって、あるいは彼らがもたらす知識や技術によって、たえず影響を受けながら発展してきたのです。

 とりわけ、古代の日本列島に治水や農耕などの技術をもたらし、日本国家の原点となる弥生時代を築いたのは、朝鮮半島からの渡来人でした。そして、その後の時代においても、国家建設の中心的な役割を担った人の中に、朝鮮半島からの渡来人が多数存在したのはまぎれもない事実です。

 また、安土桃山時代以後、日本の焼き物技術は飛躍的に進歩しました。これは、陶工をはじめ多くの技術者たちが朝鮮半島から連れてこられ、全国各地に定着した結果です。さらには、江戸時代の学者や文化人たちが朝鮮通信使と交流し、先進の学問や文化を修めたことは周知の事実です。

 このように、日本列島に多大な影響を及ぼしてきた朝鮮半島との関係が、大きくくずれるのは近代に入ってからでした。西暦1910年、日本は朝鮮半島を植民地化しました。そして、200万人以上の民が渡来せざるを得なくなりました。1945年、日本の敗戦によって朝鮮半島は「解放」されましたが、約60万人が帰国せず日本に定住したのです。
 
 西暦2000年現在、50万人以上の日本国籍取得者とその子孫。そして、50万人の特別永住者(韓国籍・朝鮮籍)が日本で暮らしています。しかも、ほとんどの人が永住を決意しており、日本人との結婚も90%を超える勢いです。これほど社会にとけこんだ存在であるにもかかわらず、民族的アイデンティティーの根拠となる「姓名やルーツ」を公言している人は少数であり、不健全な状態と言わざるを得ません。

 私たちは、日本人と在日コリアンがともに手をたずさえ、人間尊重を理念とする「心豊かな」社会づくりを進めるため、今こそ勇気を出して過去の「不幸な歴史」と向き合うとともに、正確で客観的な歴史認識を共有し、「誠心の交わり」を再構築すべきであると考えています。

近江渡来人倶楽部    代表:河 炳俊