<春の探訪  朝鮮通信使の足跡を訪ねる>
4月12日(土) 9:00〜17:50
朝鮮通信使のガイド役として活躍した雨森芳洲氏の生家や、かつての朝鮮人街道、通信使を迎えた本願寺八幡別院を巡りました。

また当館専門委員 小久保信蔵 氏による解説も含めて、参加者の皆様には朝鮮通信使について知る機会となったと思います。

雨森芳洲庵
館長さんより雨森芳洲さんについての多くの逸話や、“雨森”の地域として行っている韓国との交流について非常に有意義なお話をしていただき、参加者の皆様からも好評でした。

同時に庭園を見ながらお昼をいただかせてもらいました。
本願寺八幡別院
本願寺八幡別院では本殿を見ながら、小久保先生より朝鮮通信使を泊めたお寺についてお話を聞きました。
朝鮮人街道 & 市立資料館周辺
かつての朝鮮人街道をゆっくりと歩き、近江八幡市立資料館周辺を探索しました。

旧伴家住宅内には朝鮮通信使へ振る舞われた当時の献立が再現され展示されていました。



一覧へ戻る