<歴史探訪 近江の古代を訪ねて>
10月31日(土) 9:00〜17:00
 恵まれた快晴のもと湖東地域を巡りました。
 普段おとずれる機会が少ない珍しい場所へも足を運んだことで、近江と渡来人とのつながりを改めて感じることができました。

安土城考古博物館
セミナーホールで学芸員長さんより古代近江と渡来人との関係についての説明をうけたあと、常設展示場で詳しい解説をしていただきながら見ることができました。

万葉の森 船岡山
万葉の森 船岡山で昼食をとりました。
公園内の小高い丘の頂きには額田王と大海人皇子それぞれの歌が刻まれた石碑が置かれています。

あかね古墳公園
名神高速のすぐ隣の大豆畑の中にあるあかね古墳公園(木村古墳群)には久保田山古墳(円墳)と天乞山古墳(方墳)が復元されており、古墳の周りには解説のパネルが何個か置かれていました。

金剛輪寺
湖東三山の一つである金剛輪寺をゆっくり見て回りました。紅葉にはまだ早く「少し色付いたかな」という感じでした。

マーガレットステーション
休憩とお土産も兼ねてマーガレットステーションに寄りました。


一覧へ戻る