<春の探訪 渡来人ゆかりの地を訪ねて>
4月13日(水) 9:00〜17:00

耳塚
京都国立博物館北川の豊国神社の側にある耳塚は豊臣秀吉の朝鮮侵略の頃のもので、侵略の戦果として切り落とした耳や鼻を埋めた場所です。

広隆寺と周辺散策
朝鮮半島から渡来してきた集団の中で大きな力を持っていた秦(はた)氏の氏寺で、創建者は秦氏の長で秦河勝(はたのかわかつ)である。

松尾大社
祭神は筑紫国宗像の神で、秦都理(はたのとり)が勧請したのち社殿を建て、秦知麻留女(はたのちまるめ)が奉祀をしたといわれています。

赤山禅院
最澄の直弟子である円仁の遺命によって創建された比叡山延暦寺の別院で、本尊の赤山大明神は円仁の留学先であった唐、新羅坊の赤山村に祀られていた赤山明神とのつながりがある。



一覧へ戻る