「終戦記念日」特別講演
太平洋戦争がもう少し早く終わっていれば
1945年8月15日への問いかけ!!
河 炳俊 氏 ■河 炳俊 氏
 (渡来人歴史館 館長)
 
明治維新以後、ヨーロッパの大国を範とした日本は、アジア諸国を支配する夢を見ました。そのための建前として、国民には「神国日本」を宣伝し、アジア諸国には「ヨーロッパ帝国主義からの解放」と称して出兵したのです。沖縄・台湾・朝鮮を植民地支配し、さらには満州傀儡国家を建国し、中国を初めとするアジアの国々を侵略する戦争を始めました。「たたかって、たたかって、あり得ない程の犠牲者を出し、ついに敗れた」この戦争。もし、戦争がもう少し早く終わっていれば…。
二度と過ちを繰り返さないためにも、歴史学習で習得した知恵を次世代に伝承すべきではないでしょうか。




一覧へ戻る