小久保信蔵による渡来人歴史館リレー講座
古代の近江をたどろう
旧石器〜縄文〜弥生〜古墳
木村至宏 氏 ■小久保 信蔵 氏
 (渡来人歴史館 専門委員)
   琵琶湖の湖畔には、朝鮮半島からの渡来人が移り住んだ遺跡が数多く発見されています。
 そのことは、近江と朝鮮半島とのつながりが深かったことを物語っています。
 渡来人たちは主に北九州から瀬戸内海を通り、そしてヤマト平野を経て、そこから山間を越えて琵琶湖周辺に入ってきたのでしょう。
 我が国の発展に果たした渡来人の役割。その足跡をたどれば近江の古代もおもしろく、ロマンがあります。




一覧へ戻る