韓国の茶道
〜受け継がれる尊い茶のこころ〜
 文化は『動・柔・静』に区別でき、茶道は「静」に分類されます。三国時代から伝わった韓国の茶文化は一時的に衰退していましたが、経済成長と茶人たちの献身的な努力とともに伝統文化が見直されました。
 遥か古より先人が日々たしなんだ茶文化は、心身ともに自らの精神の道でもあります。優雅さと凛々しさや禮節が相和する韓国の茶文化は精神文化としてすべての人に共有できる素晴らしい文化でもあり、「克己復禮」へ至らせるとも言われている韓国茶道の歴史などにふれてみてはいかがでしょうか。
 
小久保 信蔵 氏 ■尹 道心 氏
 
  大韓民国慶尚南道出身
1979年に日本へ
2001年 京都佛教大学社会福祉学科卒業
2011年 釜山外国語大学日語日文学科 文学博士51号取得
    韓国釜山女子大学伝統茶道科上級班卒業
    韓国茶道協会正会員
    韓国茶道協会京都支部長




一覧へ戻る