歴史教養大学
『日本と朝鮮半島2000年の歴史』
〜第1回 伝えるべき歴史 古代(朝鮮半島からの渡来人)

 2000年に及ぶ日本と朝鮮半島の関係。その延長線上にある東アジアの関係史。また、明治維新を経て近代国家となったニッポン(日本)が、破滅へと突き進んだプロセス。いずれも日本社会が積極的に取り組んでいない内容であると思われますが、日本人にとっては避けて通れない。あるいは、避けて通ってはいけない内容であると確信しています。
「前事不忘・後事之師」
過去の出来事を忘れるべきではない。過去の歴史はこれからの社会にとって大きなヒントを与えてくれる。それ故に、歴史資料を紐解き、それを研究・考察する事は重要であると考えます。
講演:河 炳俊(渡来人歴史館 館長)

1948年、大津市に生まれる。
1975年に社団法人大津青年会議所で社会開発運動に取り組み、1984年理事長に就任。
1993年、大韓民国民団滋賀県本部大津支部団長に就任。
1996年、大韓民国民団滋賀県本部総務部長に就任。
2000年4月近江渡来人倶楽部を設立。代表に就任。


一覧へ戻る